【感想】 姫乃只紫「群青マイルド&ビター」

おすすめウェブ小説

【作品情報】

姫乃只紫「群青マイルド&ビター

「大好きなお前に、俺の気持ちが伝わっていなくてよかった。」

同性愛者の俺と面白いソックスを履いている妹とBLが好きかもしれないユズ(と王子様だったかもしれないひーちゃん)の話。つまるところこのチョコレートはリトマス試験紙。その心臓が不細工だと決め付けるヤツは誰だ。

読解難易度:EASY
ボーイズがラブしないBLを騙った何か(BOYのうち一人はもう一人のBOYを一方的にLOVEしてはいるが)。「この想いが君に届かなくてよかった」と云う答えを導き出すだけの話。



【感想】

この二日ばかり、どうしてもこの小説の最新話が欲しかったから、レビューを書いてしまえと、私のレビューで作者が動くわけないことを知りながら、有り得もしない望みをかけてそんな邪なことを考えたのが半分。ファローしている作品の中から本作を見つけ出していたら、「最新」の青い二文字があって息が止まった。本当に――。

最新話を読んで、でもまだレビューを書きたかったから一話目から読み返して、ぶっ飛ばされた。馬鹿だった。読み返してよかったと思う。頭の中で勝手に再構築していた話と違ったので。

その書くものが痛々しく、美しく、それはそうで。届かない相手に計算を続けて、その計算に時に厭気がさしつつ、距離を測って測って測って。それもそうで。ただ、いつもどこか漂うその一抹の諦めが苦くないと言えば嘘になると、そう書こうとしたのだが

――書く気が失せた。諦めは、あるのだけれども、それよりかずっと激しい話だと再読して思ったのだ。こんな心を動かしている小説だったか、こんなに動揺している小説だったか、こんなに切望している小説だったか。

もっとも、私はこのレビューを物語の途中で書いているし、この先どうなるか知りはしないのだけど。続きを楽しみにしていますと、今はそれだけ言いたい。

姫乃只紫「群青マイルド&ビター

コメント

タイトルとURLをコピーしました