【講評】髭鯨「アル中勇者はリハビリ中」

web小説講評

【作品情報】

髭鯨「アル中勇者はリハビリ中

「アイテム乱用ダメ。ゼッタイ。」

んなこと言ったてしょうがねぇだろ。
攻撃力UPアイテムが酒なんだぞ。

※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
※お酒は二十歳になってから。節度を守って楽しく飲みましょう。



【講評】

こんばんは、辰井圭斗です。先日は自主企画「辰井講評窓口」にご参加くださりありがとうございました。こちらに講評を書きます。

アル中な勇者がやめようやめようとは思いながらなんだかんだ酒を飲んで戦わざるを得ない話。話のつくりと情報の出し方がよくできているなと思いながら読みました。聖竜の腕輪が必要な経緯の語り方は手際よかったです。悲惨な魔王戦についても、助けた少年にせがまれて大幅に脚色して語らなければならないという状況を作った上で読者に語られるので無理なく読めました。

ただ、アル中コメディとしては物足りないところがありました。禁断症状が出るなどのアル中描写はあるのですが、肝心の酒、もといアタックカクテルを飲むのが彼のアル中性からくるものではなく、外部の状況によってやむにやまれず飲んでいるため、彼がアル中であるという設定の面白さがコメディとしてあまり活きませんでした。そこは、戦闘も特に無いので全く飲む必要は無いのに禁断症状でアタックカクテルを飲んでしまい常時攻撃力が無駄に400倍になっているのがアル中じゃないのかと思うなどしました。

ファナに関してはもう少しだけ伏線を張ってもよかったかなと思います。黒幕としてのファナの登場とそこからの彼女の言動に悪い意味で唐突さを感じました(後から出てくるのだろうなくらいには思っていましたが)。“元”相棒であり、アタックカクテルの調合者であることから不穏ではあるのですが、「あいつとはもう組みたくない」くらいのことは勇者に事前に思わせてもよかったかもしれません。

語り方の手際のよさが印象的な作品でした。読ませてくださりありがとうございました。



【作者様からの返信】

なんと、がっつり講評いただき感謝です。
こう冷静な視点で指摘いただけると、もう一段巧くなるための糧になりそうです。
ご指摘のポイントもごもっともというか、なかなか力及ばずというか、ごにょごにょ。
褒められたところは自信に変えて、これからも頑張っていこうと思います。

髭鯨「アル中勇者はリハビリ中

コメント

タイトルとURLをコピーしました