【私的セレクト】双極性障害おすすめ本

お役立ち

自分や身の回りの人が病気になると、「この病気について知りたい」、「他の人がこの病気とどう付き合っているのか知りたい」と思うことはありませんか?

そこで双極性障害の患者が双極性障害のおすすめ本をセレクトしました。
本を読むのが難しい状態にいらっしゃる方もいると思うので、おすすめ本には読みやすいものをピックアップしています。
しかし、私は一患者であり、専門家ではないので、それぞれの本の医学的な正しさは分かりません。
あくまで一患者が読んで面白いと感じたもののセレクトです。

双極性障害とは

厚生労働省のページでは次のように解説しています。

双極性障害は、精神疾患の中でも気分障害と分類されている疾患のひとつです。うつ状態だけが起こる病気を「うつ病」といいますが、このうつ病とほとんど同じうつ状態に加え、うつ状態とは対極の躁状態も現れ、これらをくりかえす、慢性の病気です。

昔は「躁うつ病」と呼ばれていましたが、現在では両極端な病状が起こるという意味の「双極性障害」と呼んでいます。なお、躁状態だけの場合もないわけではありませんが、経過の中でうつ状態が出てくる場合も多く、躁状態とうつ状態の両方がある場合とはとくに区別せず、やはり双極性障害と呼びます。

双極性障害は、躁状態の程度によって二つに分類されます。

家庭や仕事に重大な支障をきたし、人生に大きな傷跡を残してしまいかねないため、入院が必要になるほどの激しい状態を「躁状態」といいます。一方、はたから見ても明らかに気分が高揚していて、眠らなくても平気で、ふだんより調子がよく、仕事もはかどるけれど、本人も周囲の人もそれほどは困らない程度の状態を「軽躁状態」といいます。

うつ状態に加え、激しい躁状態が起こる双極性障害を「双極I型障害」といいます。うつ状態に加え、軽躁状態が起こる双極性障害を「双極II型障害」といいます。 双極性障害は、精神疾患の中でも治療法や対処法が比較的整っている病気で、薬でコントロールすれば、それまでと変わらない生活をおくることが十分に可能です。しかし放置していると、何度も躁状態とうつ状態を繰り返し、その間に人間関係、社会的信用、仕事や家庭といった人生の基盤が大きく損なわれてしまうのが、この病気の特徴のひとつでもあります。

このように双極性障害は、うつ状態では死にたくなるなど、症状によって生命の危機をもたらす一方、躁状態ではその行動の結果によって社会的生命を脅かす、重大な疾患であると認識されています。

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_bipolar.html

この厚労省のページはコンパクトに分かりやすくまとまっているので、本に手を出す前にまずはこちらを覗いてみてはいかがでしょうか。

双極性障害のおすすめ本

内海健著『双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代-』

双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代- | 内海 健 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで内海 健の双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代-。アマゾンならポイント還元本が多数。内海 健作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また双極II型障害という病 -改訂版うつ病新時代-もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

双極II型障害(鬱と軽躁エピソードがあるタイプの双極性障害)について扱った本です。
はじめは精神科医向けに書かれていた本なので、双極性障害について症例なども交えながらかなり詳しく書いています。
ネットにある情報だけでは飽き足らなくなってきた人におすすめです。
ネットだけで双極性障害について勉強していた私にとっては目から鱗の情報が沢山ありました。詳しく書かれていますが分かりやすく読みやすいです。

中島らも著『心が雨漏りする日には』

心が雨漏りする日には (青春文庫) | 中島 らも |本 | 通販 | Amazon
Amazonで中島 らもの心が雨漏りする日には (青春文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。中島 らも作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また心が雨漏りする日には (青春文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

双極性障害だった中島らもさんのエッセイです。
中島らもさんの半生で起こった躁と鬱のエピソードについて書いています。
らもさんなのでかなり読みやすいです。
一周目はらもさんが亡くなってしまったことを考えると読むのがつらかったですが、三周目から楽しめるようになりました。
他の人が双極性障害とどう付き合っていたのかを知りたい方におすすめです。

與那覇潤著『知性は死なない 平成の鬱をこえて 』

Amazon.co.jp: 知性は死なない 平成の鬱をこえて (文春e-book) eBook: 與那覇 潤: Kindleストア
Amazon.co.jp: 知性は死なない 平成の鬱をこえて (文春e-book) eBook: 與那覇 潤: Kindleストア

双極II型障害の歴史学者である與那覇潤さんが双極性障害と平成という時代について書いた本。
双極性障害では読み書きが難しくなることもあるので、そういう時にこの本のことを思い出します。
與那覇潤さんは「読めない」「書けない」と言いつつ私から見れば博覧強記でばりばり書いていらっしゃって、勇気の出る本です。
双極性障害患者が書いた少し固めの本を読みたい方におすすめです。

高橋祥友著『自殺予防』

自殺予防 (岩波新書) | 高橋 祥友 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで高橋 祥友の自殺予防 (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。高橋 祥友作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また自殺予防 (岩波新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

自殺関連の本は十数冊手に取りましたが、高橋祥友さんの本が読みやすいなと思っていくつか読みました。
そのうち岩波新書の『自殺予防』が手に取りやすいかなと思います。
双極性障害は自殺リスクの高い病気でもあります。自殺について勉強したい方におすすめです。

開高健編『弔辞大全』

弔辞大全〈1〉友よ、さらば (新潮文庫) | 健, 開高 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで健, 開高の弔辞大全〈1〉友よ、さらば (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。健, 開高作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また弔辞大全〈1〉友よ、さらば (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

番外編として紹介します。
希死念慮を持て余した時に読んでいました。
作家など文化人の死に対して文化人が寄せた弔辞が集めてあります。
「死にたい時に弔辞?」と思われるかもしれませんが、弔辞を読んで更に死にたくなったりはしないもので、薄めた毒を薬にしているような、気持ちが少し楽になるような感じがあります。
ⅠとⅡが出ていますが、まずはⅠから読むとよいでしょう。

ウェブ小説も読んでみませんか

ウェブ小説の世界には、双極性障害などの精神疾患を扱った小説・エッセイがそれこそ山のようにあります。
ネットですぐに読めるのでカクヨムなどのサイトで検索してみてはいかがでしょうか。

私の作品にも双極性障害の大学生とその先輩が一緒に生きていく話を書いた小説「俺達ルームシェアしている友達と何が違うんですか」や、閉鎖病棟から退院してきた後の心の動きを書いた「明滅」というエッセイがあります。
気が向いたら覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました