【感想】姫乃只紫「一見、悪徳に見えて、ただ小説を勧めているだけの男」

おすすめweb小説

【作品情報】

姫乃只紫「一見、悪徳に見えて、ただ小説を勧めているだけの男

ブログはこちら→ムラサキゴテン

「【残弾数4704】知られていないと云うことは、存在しないことと同じ。」

おすすめ作品集です。「今の小説投稿サイトでは埋もれがちな作品にこそスポットを当てたい」と考えているので、マイナージャンル多め。「作者様に贈る」と云う大前提がないのを良いことに、私の感じ想ったままをそこはかとなく胡散臭いノリで綴っております。

なので、これを読めばおすすめされている作品の大まかな内容を理解できるとか、読みたいと云う気持ちを存分に駆り立てられるかと訊かれたら、それはもう多分にそのようなことはなく。拙作にて紹介された作者様につきましても「おい! 全然読者が増えねぇぞ‼」的な訴えをされたところで、私としては限りなく無の面付きで「残念ですね」と云うほかなく。

ただ、姫乃只紫と云う物書きの末輩に血道を上げて語らせるだけの”力”がその作品には在った──と云う事実があるのみにございます。

もちろん「創作はこっそりやりたい系の民」も居るとは思う(そういう意図から故意に自作を宣伝していない、アカウントを作っていない人だって居るには居るだろうしね)ので、その際は「触れてくれるな」と高貴なる女騎士みたいなノリで蔑みの眼差しと共にひとこと頂ければ速やかに削除する所存。

よしなに。



【感想】

最近よく読み返すので何か書こうかなと思った。この作品には誇張でなく泣きながらコメントを書いたことがある。それに、通し読みしてなおかつ応援コメントと返信まで見るような人は御存知のことと思うけれど、この作品は少なくとも一人の人間のリアルな生き死にをめぐる戦いが展開された”戦記”なのだ。作品全体を覚えているとは言わないけれど(大体覚えている自信はあるが)、”戦記”部分に関しては本文で何が書かれて、私が何を書いて、それに対して姫乃さんが何を返信したのかことごとく覚えている。だから記憶にはあるわけだけど、読み返して改めて凄まじいやり取りをしているなと思った。

私は先日Twitter上にある文章を上げた。実際のpvや評価なんかいらないのだという文章だった。割とすぐにフィクションだと断ったけれど、応援してくれている人の気持ちを削ぐものだったと、書いたことを後悔している。実際のところどうなのか。実際のところは、私は気が付くと指が動いてカクヨムを開いてpvや評価を目に入れてしまう人間であり、そのことに少し疲れていた。この、自分が気になって仕方がないものの先には何があるのだろうかと、ほとんど何も無いんじゃないかと、気になる分却ってそういうことを思った。

でも、それはやはり想像力が欠如しているというか、そのpvや評価の”数字”の裏側には私の作品に対して読んだり評価しようと思ってくれた一人一人がいるわけで、そのことはとてもありがたく思う。今付き合いのある人も私の作品から入って来てくれた人が多い。付け加えればレビューをいらないと思ったことはただの一度も無い。だからTwitterに上げた文章に関しては本当に後悔しているし、姫乃さんの気持ちを削いだのではないかと心配している。

姫乃さんに自分のやっていることの意味を考えさせてはしまわなかったかと。私一人がどうこう言っていても、別に姫乃さんは変わらないのかもしれないけれど。

そういう文脈で言うので、これから書くことは取り越し苦労で独り相撲なのかもしれないけれど、姫乃さんに自分のやっていることを意味が無いと思って欲しくはない。ジョブチェンジしたところこんなことを言って申し訳ないが、姫乃さんの書く文章は”魔法”であり、”末始終優れた物書きたちのやる気着火剤でありたい”だなんて願いはとっくに叶っているのだから。他の人の反応を見るに、別にこれは私に限った話ではないはずで。自分で書いていて余計なお世話感がひしひしとするのだけど、それでも、姫乃さんの書く文章で救われたし、救われている人間はいるよと、もう一度言いたくなった。

正直、”戦記”やレビューでなくても、姫乃さんの文章を読むだけで、その日は体調がいいのだなんてことを言うのは、やはりコスパが良すぎるようで恥ずかしいけれども。

姫乃只紫「一見、悪徳に見えて、ただ小説を勧めているだけの男

ブログはこちら→ムラサキゴテン

コメント

タイトルとURLをコピーしました