日記【11/1~11/30】

日記・エッセイ

11/1

昨日は3つ(本当は5つ)ライブ配信をして、1つはテキストライブで「「魔王な俺が~」第21話「温泉街を堪能し、海へ」」を書いている様子をテキストオンリーで配信した。あのさ、地味すぎるよ! 文字が増えたり減ったりするだけじゃん。誰が見るんだ。いや、多分またやるけど。

あとはツイキャス。「ただただ辰井が喋る その1」、「ただただ辰井が喋る その2」。喋るの苦手なんだけど楽しかった。今朝はこれ。「これまで参加したことのある川と推しについて喋る回」、「カクヨム自主企画と#RTした人の小説を読みに行く 関連の話」。午後にノクターンノベルズの人向けに「「魔王な俺が~」第1章について」。これはノクターンの方にリンクを貼っているので聞きたい人は来てくださいねというやつ。Twitterに流さずにこっそり喋っているのがいくつかある。しかし、ノクターンノベルズ向けの方は「小説書いて、その連載について喋る、これが2020年型のウェブ作家か……!」と思ってたのだが、リンクを貼った話を投稿して900pvくらいついているのに聞きに来たの2人という。その2人普通に知り合いじゃない? という感じで、2020年型ウェブ作家の道は険しいんだなと思った。

11/2

柴犬氏と共謀して、「辰井・柴犬講評広場」という企画を始めた。集まって来た作品に講評を送る企画。あと柴犬氏の企画「短編書いてボトルメールを交換しませんか?」に「拝啓2」という作品を書いて出した。2なのは以前に「拝啓」という作品を書いたことがあるからだ。もっとトンデモなものを書けば良かったかなあとも思うのだけど、他の人も手紙を読むらしいので大人しめで。

11/3

一つの作品ごとに千数百字の講評を書いていてきつい。「辰井・柴犬講評広場」の話なんだけど、連続で2作品書くのが精一杯。私は新しいもの順に、柴犬氏は古いもの順に書いているらしい。ただすごく勉強にはなる。

11/4

昨日からstand.fmを始めた。初回は「精神科の初診(4回目)に行ってきたよ」。次が「おまけ:お酒を呑んで間一髪命が助かった話」。今日は「自分の病気を発信していくこと」、「私はとっくの昔からそこにいたのだと」、「今さら『ロード・オブ・ザ・リング』の話をしてもいいですか」、「中華ドラマ『步步惊心』について喋ります」、「小説投稿サイトで1日3~4万pv稼ぐとどうなるか」。

11/5

今朝は「小説ばかり書いていたやつが音声配信してみた感想」、「文字の砕片:ある日、本が読めなくなること」。

それから「外への眼差し:緊張せずに喋ったり表現するためには」、「中国を横断してきたよ」。

11/6

今日は「ウェブ作家がスタエフを使ってみた感想2LIVE」、「さっき初めてLIVE配信してみた感想 LIVE」、「ウェブ小説紹介:辰井圭斗『人類の遺言』」、「文字に色が見えるという感覚」。

記事も1本。

??? 今日はブログがよく読まれている。

グーグルアナリティクスを確認したのだけど、それなりにstand.fmの方からブログを覗いてくれている。喋っているのと書いている言葉の雰囲気が違うのでびっくりする方もおられるだろうか。アーシュラ・K.ル=グウィンが書いているらしいことには(引用で読んだので詳しくは知らない)、

影との戦い ゲド戦記 (岩波少年文庫) | アーシュラ・K.ル=グウィン, 清水 真砂子 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonでアーシュラ・K.ル=グウィン, 清水 真砂子の影との戦い ゲド戦記 (岩波少年文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

文章の世界で覇権を握っているのは男性的な言葉遣いなのであると。だから喋る時はふわっふわな私が文章を書く時に無意識に硬く男性的な言葉遣いになるのは十中八九そのいつから続いているんだか分からない潮流の影響なのだ。

日記も読んでくれて嬉しいのだけど、このブログのメインコンテンツはおすすめウェブ小説の紹介なので、そちらを見てくれたらなんて欲ばったことを考えている。

11/7

今日は「ひとの作品を批評することについて LIVE」、「精神科の閉鎖病棟に入院しちゃったよ前編 LIVE」。

ご興味あればこちらの記事もどうぞ。

今回は詳しめのプロットを作って喋って、そうすると「えーと」とか「あのー」とかは別に減らないけれども、話す速さが1.2倍になるという知見を得た。プロット作るのもいいかもね。

11/8

昨日、「精神科の閉鎖病棟に入院しちゃったよ後編」を喋って、プロット無しの方が楽しいやということに気付いた。その話については「ウェブ作家がスタエフを使ってみた感想3」。

11/12

今日はこちらの記事を書いた。ある種の自作語り。

11/18

帰って来た。これまで近況はstand.fmで喋っていたので日記は更新を止めていたのだけど、私はstand.fmの場合ちょいちょいコンテンツを消してしまうので後から見直しもできないということで、残して置けるコンテンツを作りたいと思った。だからこれからは日記の方も書こうと思う。

stand.fmといえばこちらの記事にコメントがつきまくっていて。

全て海外からの「あなたの記事はgreatだ」という英文のコメントで、悉くスパム指定した。読んでるわけがないのだ。昔は英文で返信を送っていたけれども。

10/19

まとまった記事を書きたいなあという欲はあるんだけど、何を書こうかなという感じ。完全にインプット不足。専門分野の記事を書こうかとも思ったのだけど、この物知らずな状態でそんなものは恐ろしくて書けない。大人しく勉強する。

10/20

昨日からこの本を読んでいる。

スクリプトドクターの脚本教室・初級篇 | 三宅 隆太 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで三宅 隆太のスクリプトドクターの脚本教室・初級篇。アマゾンならポイント還元本が多数。三宅 隆太作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またスクリプトドクターの脚本教室・初級篇もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

脚本の本なのでどこまで小説に引き付けて考えるかが難しいところ。脚本の面白さと小説の面白さは違うところがある。でもそれを分かった上で吸収できるところを吸収しようと思う。

今他に興味があるのはこちらの本で。

SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術 | ブレイク・スナイダー, 菊池淳子 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでブレイク・スナイダー, 菊池淳子のSAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術。アマゾンならポイント還元本が多数。ブレイク・スナイダー, 菊池淳子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またSAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ドラ・焼キさんがバイブルだと言っていたので、どんな本か読んでみたい。こっちも脚本術だけど。とりあえず電子書籍ストアの買い物かごに入れた。

11/21

今日はジュージさんの「惑星パレパレの待合室」を読んだ。かわいい。講評でももっとかわいいと言えばよかった。ニャルニャルピョー。あと自主企画とは別に 崇期(すうき)さんの「手紙」を読んで最高! と言った。いかんせん852文字なので多くを語れないのだけど。

と思っていたらレビュー……というより怪文書を書いてしまった。

今この本を読んでいる途中。

NHK出版 学びのきほん 「読む」って、どんなこと? (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん) | 高橋 源一郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで高橋 源一郎のNHK出版 学びのきほん 「読む」って、どんなこと? (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん)。アマゾンならポイント還元本が多数。高橋 源一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またNHK出版 学びのきほん 「読む」って、どんなこと? (教養・文化シリーズ NHK出版学びのき...

11/22

昨晩高橋源一郎さんの『「読む」って、どんなこと? 』を読み終わった。初めは小学生の教科書から始まるので、「大丈夫か」と思っていたのだけど、それは前振りだった。中盤、社会が個人に植え付ける「声」の話、学校、教科書における「わたしたち」、「みんな」という語り口の気持ち悪さの話になったところでゾクッとした。今講評を書いているので、この本はその助けにならないかなと思って読んだのだけど、読む技術というよりは、この社会に生きる個人として「読む」ということを武器にどう生きるかという話だった。面白かった。

NHK出版 学びのきほん 「読む」って、どんなこと? (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん) | 高橋 源一郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで高橋 源一郎のNHK出版 学びのきほん 「読む」って、どんなこと? (教養・文化シリーズ NHK出版学びのきほん)。アマゾンならポイント還元本が多数。高橋 源一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またNHK出版 学びのきほん 「読む」って、どんなこと? (教養・文化シリーズ NHK出版学びのき...

久し振りにこっちを読みたいので、図書館に借りに行こうかと思っている。

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786)) | 高橋 源一郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで高橋 源一郎の一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))。アマゾンならポイント還元本が多数。高橋 源一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

11/23

1本小説をボツにしたので、昨日はひとしきり落ち込んでいた。小説をボツにしたこと自体ではなく、自分の手が自分の想像を下回る文章を書いてしまったことがショックだった。今日から魂を売る仕事を始めている。

11/24

魂を売る仕事=都市伝説について4,000字ほどで書く仕事なのだが、少し事情があってストップしているので、別のところと仕事を進めようとしている。そちらは「専門ど真ん中」とまではいかないけれど、かなり近い仕事。

11/25

太平天国について調べている。とりあえず『概説中国史〈下〉』で短くまとめるとどのように書かれているかをチェック。

概説中国史〈下〉近世‐近現代 | 至, 冨谷, 憲司, 森田 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで至, 冨谷, 憲司, 森田の概説中国史〈下〉近世‐近現代。アマゾンならポイント還元本が多数。至, 冨谷, 憲司, 森田作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また概説中国史〈下〉近世‐近現代もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

それから『中国歴史研究入門』で研究の動向を確認(2006年の本なのが惜しい)。

中国歴史研究入門 | 礪波 護, 岸本 美緒, 杉山 正明 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで礪波 護, 岸本 美緒, 杉山 正明の中国歴史研究入門。アマゾンならポイント還元本が多数。礪波 護, 岸本 美緒, 杉山 正明作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また中国歴史研究入門もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

『アジア歴史事典』の当該箇所を読み。

アジア歴史事典(全12巻セット) | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでのアジア歴史事典(全12巻セット)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またアジア歴史事典(全12巻セット)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

市古宙三先生の『近代中国の政治と社会』で太平天国についての論文をざっと読んだ。

近代中国の政治と社会 | 市古宙三 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで市古宙三の近代中国の政治と社会。アマゾンならポイント還元本が多数。市古宙三作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また近代中国の政治と社会もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

ここまでが家の本棚にあるものでできることだった。今日は図書館に行って最近の研究を漁ってくる。

11/26

褒めオンリーの講評ならブログに載せても誰も困らないだろうと思ったので、記事を作った。

11/27

眠いよう。うえーん。

11/28

小説のプロットを練っていた。公募用。百合。かなり楽しい。

今この本を読んでいる。

清朝と近代世界――19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉 (岩波新書) | 吉澤 誠一郎 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで吉澤 誠一郎の清朝と近代世界――19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉 (岩波新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。吉澤 誠一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また清朝と近代世界――19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉 (岩波新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

午前中は吐き気(いつものことだけど)と眠気。眠気の方がひどくてほとんど稼働できなかった。

11/29

ライティングを1本提出した。

11/30

今日の更新はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました